「埼玉西武ライオンズ」の記事一覧(2 / 8ページ)

西川愛也の年俸・成績・選手データ

西川愛也選手は、2017年に花咲徳栄高等学校から内野手としてドラフト2位(契約金5000万円、年俸700万円)で埼玉西武ライオンズに入団した大阪府堺市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は700万円です。西川愛也選手は遠投94m、50m走6秒2、高校通算31本塁打を記録した広角に打てるバッティングが魅力の内野手です。花咲徳栄高校では1年秋からベンチ入りし、2年春、2年夏、3年夏の3度甲子園に出場して、3年夏には埼玉県勢として史上初の優勝に貢献しました。2017年のドラフト会議では優れたバッティングセンスを高く評価されて埼玉西武ライオンズから2位指名を受けましたが、高校2年時に大胸筋断裂の怪我をしたことで送球に課題がある選手です。

伊藤翔の年俸・成績・選手データ

伊藤翔選手は、2017年に四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスから投手としてドラフト3位(契約金4500万円、年俸650万円)で埼玉西武ライオンズに入団した千葉県匝瑳市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は820万円です。伊藤翔選手は最速152kmのストレートとスライダー、カーブ、フォーク、ツーシームを投げるスリークォーター右腕です。横芝敬愛高校では甲子園の出場経験はありませんが、2年時からエースとして活躍しました。徳島インディゴソックスでは16試合に登板し、8勝2敗、防御率2.18の成績を残し、リーグ年間MVP、グランドチャンピオンシップMVPに選出されました。

粟津凱士の年俸・成績・選手データ

粟津凱士選手は、2018年に東日本国際大学から投手としてドラフト4位(契約金4000万円、年俸1000万円)で埼玉西武ライオンズに入団した山形県山形市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1000万円です。粟津凱士選手は最速147kmのストレートと2種類のシンカーが武器のスリークォーター右腕です。東日本国際大学では1年春からベンチ入りし、3年時以降は先発2番手としてベストナイン1度、優秀選手を2度受賞しました。大学通算32試合に登板し、14勝(5完投3完封)4敗、140回、防御率0.71の成績を残しています。

森脇亮介の年俸・成績・選手データ

森脇亮介選手は、2018年に社会人野球のセガサミーから投手としてドラフト6位(契約金3000万円、年俸1000万円)で埼玉西武ライオンズに入団した京都府福知山市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1000万円です。森脇亮介選手は最速152kmのストレートと落差のあるフォークボール、スライダー、チェンジアップ、カーブを投げる本格派右腕です。日本大学では2年秋からリーグ戦に出場し、2部リーグ通算20試合に登板して8勝(4完投2完封)6敗、防御率2.22の成績を残しました。セガサミーでは1年目から公式戦に出場しています。

山野辺翔の年俸・成績・選手データ

山野辺翔選手は、2018年に社会人野球の三菱自動車岡崎から内野手としてドラフト3位(契約金6000万円、年俸1200万円)で埼玉西武ライオンズに入団した東京都府中市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1200万円です。山野辺翔選手は小柄ながら遠投100m、50m走6秒0の走・攻・守の3拍子が揃った内野手です。桜美林大学時代は二塁手としてベストナインを4度受賞し、通算67試合に出場して打率.323、76安打、4本塁打、30打点の成績を残しました。三菱自動車岡崎では1年目から二塁手のレギュラーとして活躍しました。

松本航の年俸・成績・選手データ

松本航選手は、2018年に日本体育大学から投手としてドラフト1位(契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円)で埼玉西武ライオンズに入団した兵庫県朝来市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1500万円です。松本航選手は最速155kmのストレート、カーブ、スライダー、スプリット、ツーシームを投げるスリークォーターの本格派右腕です。日本体育大学では1年春からリーグ戦に出場し、2年時に最高殊勲選手と最優秀投手を受賞しました。3年時には大学日本代表にも選出されています。大学通算60試合に登板し、30勝(14完投4完封)18敗、375.2回、防御率1.63の成績を残しました。2018年のドラフト会議では、即戦力投手として埼玉西武ライオンズから単独1位指名を受けて入団しました。

齊藤大将の年俸・成績・選手データ

齊藤大将選手は、2017年に明治大学から投手としてドラフト1位(契約金1億円、年俸1500万円)で埼玉西武ライオンズに入団した東京都江戸川区出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1600万円です。齊藤大将選手は最速146kmのストレートとスライダー、スクリュー、チェンジアップを投げるスリークォーター左腕です。明治大学では1年春からリーグ戦に出場し、3年時には第29回ユニバーシアード競技大会の日本代表に選出されています。4年時にはエースとして活躍し、ベストナインを受賞しました。大学通算52試合に登板し、11勝(2完投1完封)4敗、防御率2.24の成績を残しています。2017年のドラフト会議では、田嶋大樹選手を外した埼玉西武ライオンズから1位指名を受けて入団しました。

藤田航生の年俸・成績・選手データ

藤田航生選手は、2015年に青森県立弘前工業高等学校から投手としてドラフト9位(契約金1000万円、年俸500万円)で埼玉西武ライオンズに入団した青森県弘前市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は500万円です。藤田航生選手は最速143kmのストレートと縦に落ちるカーブが武器の投手です。弘前工業高校では甲子園の出場経験はありませんが、公式戦14試合112イニングを投げて145奪三振をマークし、高校通算の奪三振率11.65を記録しています。

松本直晃の年俸・成績・選手データ

松本直晃選手は、2015年に独立リーグの香川オリーブガイナーズから投手としてドラフト10位(契約金1000万円、年俸500万円)で埼玉西武ライオンズに入団した兵庫県三木市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は800万円です。松本直晃選手は環太平洋大学時代は1年秋から三塁手、2年春からは遊撃手としてプレーしました。4年春は右翼手として試合に出場しています。2014年11月の四国アイランドリーグplusのトライアウトに合格し、2015年シーズンは41試合に登板し、72回を投げ4勝1敗6セーブ、防御率1.00の成績を残し、シーズンMVPを受賞しています。

佐藤勇の年俸・成績・選手データ

佐藤勇選手は、2012年に福島県立光南高等学校から投手としてドラフト5位(契約金3000万円、年俸500万円)で埼玉西武ライオンズに入団した福島県西白河郡西郷村出身のプロ野球選手です。2017年の年俸は600万円です。佐藤勇選手は最速151kmのストレートが武器の本格派左腕です。福島県立光南高校時代は春・夏共に甲子園には出場できませんでしたが、2012年のドラフト会議で埼玉西武ライオンズに5巡目で指名されました。佐藤勇選手は光南高校からプロ入りした初めての選手です。2017年10月6日に球団から戦力外通告を受け、11月9日に現役引退を表明しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ