梅野隆太郎の年俸・成績・選手データ

梅野隆太郎選手は、2013年に福岡大学から捕手としてドラフト4位(契約金5000万円、年俸840万円)で阪神タイガースに入団した福岡県筑紫郡那珂川町出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は5000万円です。

梅野隆太郎選手は小学校2年生の時に少年野球チームの片縄ビクトリーに入団し、小学校4年生から捕手に転向しました。中学時代は那珂川シャークスに所属し、2005年・2006年に春季ジャパンリーグで4番・捕手として2年連続優勝を果たしています。

福岡工大城東高校時代は1年夏にベンチ登録となり、1年秋から2年夏まで外野手としてプレーし、2年秋から捕手に復帰しています。高校通算本塁打は24本です。甲子園の出場経験はありません。

福岡大学に進学後、1年生の春から九州六大学野球のリーグ戦に出場し、通算28本塁打と3割以上の打率を記録しています。3年生からは主将を任され、大学4年生時に第39回日米大学野球選手権大会の日本代表に選出され、主将も務めました。

愛称は「梅ちゃん」。シーズン終了後の2017年11月に歴代最年少となる阪神選手会の第17代会長に就任しました。2018年にはリーグ史上初の最下位チームからのセ・リーグ捕手部門のゴールデングラブ賞を受賞しました。

梅野隆太郎のプロフィール

生年月日1991年6月17日出身地福岡県筑紫郡那珂川町
投打右投右打ポジション捕手
身長173cm体重77kg
ドラフト2013年 ドラフト4位
経歴福岡工業大学附属城東高等学校⇒ 福岡大学⇒ 阪神タイガース
タイトル2018年 ゴールデングラブ賞

梅野隆太郎の年俸推移・年俸総額

梅野隆太郎の年俸推移

梅野隆太郎の年俸総額

年俸総額1億3090万円+契約金(推定)
年度年俸差額所属球団背番号
2019年(28歳)5000万円+2400万円阪神タイガース44
2018年(27歳)2600万円+1250万円阪神タイガース44
2017年(26歳)1350万円-150万円阪神タイガース44
2016年(25歳)1500万円-300万円阪神タイガース44
2015年(24歳)1800万円+960万円阪神タイガース44
2014年(23歳)840万円阪神タイガース44
2013年(22歳)契約金5000万円阪神タイガース

梅野隆太郎の成績・選手データ

梅野隆太郎の年度別成績

年度打率試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁三振OPS
2018.259132386100271847567.724
2017.2061122825892233163.548
2016.1353789120004122.324
2015.239561383391418033.682
2014.1979224949132721078.581
合計.2204291144252586211237263.614

サブコンテンツ

このページの先頭へ