田澤純一の年俸・成績・選手データ

田澤純一選手は、2008年12月に社会人野球の新日本石油ENEOSから投手として直接メジャーリーグのボストン・レッドソックスと3年総額400万ドル(約4億円)で契約を結んだ神奈川県横浜市出身のプロ野球選手です。2019年からシンシナティ・レッズに所属しています。2019年の年俸は約80万ドル(1ドル100円換算で年俸8000万円)です。

田澤純一選手は、ドラフト1位候補だったアマチュア時代に日本球界入りを拒否してメジャーリーグ挑戦を表明し、日本のプロ野球を経由せずに直接メジャーリーグの球団と契約した初の日本人選手です。

2008年のドラフト会議では職業選択の自由に反するということで全球団が指名を回避しましたが、田澤問題として大きな話題となりました。NPBは有力なアマチュア選手が直接メジャーに行くようになることを懸念し、日本のプロ野球のドラフト指名を拒否して海外のプロ野球球団と契約した選手に対して、一定期間はNPBの全球団と契約できないルールが設けられました。

日本プロ野球界からの追放となる「田澤ルール」が設けられたことで、田澤純一選手以降はアマチュアから直接メジャーリーグに挑戦する選手は一人もいなくなりました。

田澤純一のプロフィール

生年月日1986年6月6日出身地神奈川県横浜市
投打右投右打ポジション投手
身長180cm体重80kg
プロ入り2008年 アマチュアFA
経歴横浜商科大学高等学校⇒ 新日本石油ENEOS⇒ ボストン・レッドソックス⇒ マイアミ・マーリンズ⇒ ロサンゼルス・エンゼルス⇒ シカゴ・カブス

田澤純一選手の愛称はタズ。新日本石油ENEOS時代から球速156kmを計測し、フォーシーム、カーブ、スライダー、フォークボールを武器に都市対抗野球大会ではMVP(橋戸賞)を受賞した投手です。

レッドソックス時代の2010年4月6日にトミー・ジョン手術を受け、2011年5月20日に実戦復帰しました。

2016年12月16日にマイアミ・マーリンズと2年総額1200万ドルで契約しましたが、2018年5月17日に戦力外となり、2018年6月4日にデトロイト・タイガースに移籍しました。

7月9日に契約を解除され、2018年7月14日にロサンゼルス・エンゼルスと契約し、2019年1月26日にシカゴ・カブスとマイナー契約を結びましたが7月11日に解雇され、2019年8月11日にシンシナティ・レッズとマイナー契約の2年契約を結びました。

田澤純一の年俸推移・年俸総額

田澤純一の年俸推移

田澤純一の年俸総額

MLB年俸総額2843万5000ドル(推定28億4350万円※1ドル100円換算)
年度年俸差額所属球団背番号
2019年(33歳)80万ドル-620万ドルシカゴ・カブス47
2018年(32歳)700万ドル+200万ドルマイアミ・マーリンズ/ロサンゼルス・エンゼルス25/47
2017年(31歳)500万ドル+162万5000ドルマイアミ・マーリンズ25
2016年(30歳)337万5000ドル+112万5000ドルボストン・レッドソックス36
2015年(29歳)225万ドル+97万5000ドルボストン・レッドソックス36
2014年(28歳)127万5000ドル+46万ドルボストン・レッドソックス36
2013年(27歳)81万5000ドル-10万5000ドルボストン・レッドソックス36
2012年(26歳)92万ドル-58万ドルボストン・レッドソックス63
2011年(25歳)133万ドル+40万ドルボストン・レッドソックス63
2010年(24歳)133万ドル-1万ドルボストン・レッドソックス63
2009年(23歳)134万ドルボストン・レッドソックス63

田澤純一の成績・選手データ

田澤純一の年度別成績(MLB)

年度登板先発投球回勝利敗戦セーブホールド防御率失点自責点WHIP
201831028.011027.0724221.82
201755055.135095.6935351.39
201653049.2320164.1723231.23
201561058.2273164.1428271.33
201471063.0430162.8623201.19
201371068.1540263.1625241.20
201237044.011151.43770.96
2011303.000006.00221.33
20096425.123007.4623212.05
合計3884395.121264894.121901811.32

サブコンテンツ

このページの先頭へ