清宮幸太郎の年俸・成績・選手データ

清宮幸太郎選手は、2017年に早稲田実業学校高等部から内野手としてドラフト1位(契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円)で北海道日本ハムファイターズに入団した東京都出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1800万円です。

清宮幸太郎選手は遠投110m、50m走6.3秒、史上最多となる高校通算111本塁打を記録した左のスラッガーです。

小学校4年生の時に硬式野球に転向し、リトルリーグチームの東京北砂リーグに所属して、2012年のリトルリーグ世界選手権で投打に渡る活躍で優勝に貢献しました。

早稲田実業高等部では1年時から3番・一塁手として出場し、新チームでは主将に就任して、第99回全国高等学校野球選手権西東京大会では開会式で選手宣誓を行いました。2017 WBSC U-18ワールドカップ日本代表の主将も務めています。高校時代は公式戦通算70試合に出場し、247打数100安打、打率.405、29本塁打、95打点の成績を残しました。

2017年のドラフト会議では、1995年のプロ野球ドラフト会議におけるPL学園の福留孝介選手に並ぶ高校生最多となる7球団から1位指名され、抽選の結果、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得しています。

清宮幸太郎選手は和製ベーブ・ルース、日本のベーブ・ルース、ベーブ・ルースの再来と称されるほど非常に高い評価を受けている選手です。父親は元ラグビー選手で、トップリーグのサントリーサンゴリアス、ヤマハ発動機ジュビロ、早稲田大学ラグビー部の元監督の清宮克幸さんです。

清宮幸太郎のプロフィール

生年月日1999年5月25日出身地東京都
投打右投左打ポジション内野手
身長184cm体重102kg
ドラフト2017年 ドラフト1位
経歴早稲田実業学校高等部⇒ 北海道日本ハムファイターズ

清宮幸太郎の年俸推移・年俸総額

清宮幸太郎の年俸推移

清宮幸太郎の年俸総額

年俸総額3300万円+契約金(推定)
年度年俸差額所属球団背番号
2019年(20歳)1800万円+300万円北海道日本ハムファイターズ21
2018年(19歳)1500万円北海道日本ハムファイターズ21
2017年(18歳)契約金1億円北海道日本ハムファイターズ

清宮幸太郎の成績・選手データ

清宮幸太郎の年度別成績

年度打率試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁三振OPS
2018.200531603242718060.665
合計.200531603242718060.665

サブコンテンツ

このページの先頭へ