「大相撲(日本相撲協会)」の記事一覧

一代年寄とは?一代年寄の条件は?一代年寄と通常の親方の違いは?

一代年寄とは?一代年寄の条件は?一代年寄と通常の親方の違いは?

一代年寄とは、現役時代に功績が著しかった横綱が引退した際に、引退後も現役の四股名を名乗ることができる特別な年寄名跡です。現時点の一代年寄は、大鵬幸喜(第48代横綱)、北の湖敏満(第55代横綱)、千代の富士貢(第58代横綱)、貴乃花光司(第65代横綱)の4名です。千代の富士は、九重部屋を継ぐために一代年寄を辞退していますので、大鵬、北の湖、貴乃花の3名が一代年寄となります。通常、大相撲の力士が引退して日本相撲協会に残る場合には、年寄株を取得して年寄になることが条件です。しかし、一代年寄は通常の年寄とは別で、横綱一代に限って例外的に認められる年寄名跡となります。

相撲部屋の親方の年収は?理事・理事長の給料は?部屋の運営費は?

相撲部屋の親方の年収は?理事・理事長の給料は?部屋の運営費は?

相撲部屋の親方は、給料をいくらもらっているのか気になりますよね。大相撲の親方は、日本相撲協会の構成員として人材育成業務の委託契約を結んでいる人で、正式には「年寄」と呼ばれます。日本相撲協会の年寄になるには、現役時代の成績、日本国籍の有無、協会の承認など、いくつかの要件を満たすことで年寄になることができます。また、日本相撲協会の年寄には、理事、副理事、監事、役員待遇委員、委員、主任、参与、平年寄の役職ごとに毎月の給料や賞与、各種手当の支給額が大きく異なるようになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ