「MLB(メジャーリーグベースボール)」の記事一覧

コーリー・クルーバーの年俸・成績・選手データ

コーリー・クルーバーは、2007年にドラフト4巡目(全体134位)でMLBのサンディエゴ・パドレスに入団したアメリカ合衆国アラバマ州出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1720万ドル(1ドル100円換算で年俸17億2000万円)です。2010年からクリーブランド・インディアンスに所属しています。コーリー・クルーバー(コーリー・スコット・クルーバー)は2014年に最多勝利、2017年には最多勝利、最優秀防御率のタイトルを獲得し、2度のサイ・ヤング賞を受賞したメジャーリーグを代表する右腕です。スライダー、シンカー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を武器に三振の山を築いている投手です。愛称はクルーブス、ハンス・クルバー、クルボットなど。2019年5月1日にバッターが打った打球が右腕を直撃し、尺骨を骨折しました。

柳賢振の年俸・成績・選手データ

柳賢振は、2005年に2次ドラフトでKBOのハンファ・イーグルスに入団した大韓民国仁川広域市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1790万ドル(1ドル100円換算で年俸17億9000万円)です。2013年からMLBのロサンゼルス・ドジャースに所属しています。柳賢振は高卒1年目の2006年にルーキーながら最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得して投手三冠を達成し、韓国プロ野球史上初の新人王とMVPを同時受賞した投手です。2012年12月9日にロサンゼルス・ドジャースと6年総額3600万ドルの契約を結び、MLBに移籍しました。2019年にMLBオールスターゲームに初めて選出され、韓国人史上初のオールスターゲーム先発投手となっています。愛称はモンスター。2018年1月5日に大韓民国のアナウンサーの裴智賢と結婚しました。

ジャスティン・アップトンの年俸・成績・選手データ

ジャスティン・アップトンは、2005年にドラフト1巡目(全体1位)でMLBのアリゾナ・ダイヤモンドバックスに入団したアメリカ合衆国バージニア州出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1800万ドル(1ドル100円換算で年俸18億円)です。2017年からロサンゼルス・エンゼルスに所属しています。ジャスティン・アップトン(ジャスティン・アービン・アップトン)は将来の殿堂入り候補と言われ、ケン・グリフィー・ジュニアと比較されるほど、アマチュア時代から非常に注目されていた5ツール・プレーヤーです。これまでに3度のシルバースラッガー賞、4度のオールスターゲーム選出、通算290本以上の本塁打を記録しています。2013年1月20日にアトランタ・ブレーブス、2014年12月19日にサンディエゴ・パドレスに移籍し、2016年1月20日にデトロイト・タイガースと6年総額1億3275万ドルで契約を結びました。愛称はJ.アップ。2002年にドラフト1巡目(全体2位)で指名され、タンパベイ・レイズやアトランタ・ブレーブスなどで活躍したメジャーリーガーのB.J.アップトンは実兄です。

ライアン・ジマーマンの年俸・成績・選手データ

ライアン・ジマーマンは、2005年にドラフト1巡目(全体4位)でMLBのワシントン・ナショナルズに入団したアメリカ合衆国ノースカロライナ州ワシントン出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1800万ドル(1ドル100円換算で年俸18億円)です。ライアン・ジマーマン(ライアン・ウォレス・ジマーマン)は2度のシルバースラッガー賞を受賞し、通算260本以上の本塁打を記録しているナショナルズを代表するスラッガーです。三塁手としても2009年にゴールドグラブ賞を受賞し、メジャートップクラスの守備力と高い評価を得ていましたが、近年は故障などで左翼手や一塁手として試合に出場しています。愛称はジム。デトロイト・タイガースに所属しているジョーダン・ジマーマンとは血縁関係はありません。

ウェイド・デービスの年俸・成績・選手データ

ウェイド・デービスは、2004年にドラフト3巡目(全体75位)でMLBのタンパベイ・デビルレイズに入団したアメリカ合衆国フロリダ州出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1800万ドル(1ドル100円換算で年俸18億円)です。2018年からコロラド・ロッキーズに所属しています。ウェイド・デービス(ウェイド・アレン・デービス)は最速160.1km、平均球速153kmのフォーシームとツーシーム、平均球速149kmのカッター、平均球速132kmのナックルカーブを投げるクローザーです。2009年にメジャーデビュー後、2010年、2011年の2年連続で10勝以上をマークしましたが、2012年12月9日にトレードでカンザスシティ・ロイヤルズに移籍後は不振が続き、リリーフに転向しました。2014年はセットアッパーとして71試合に登板してリーグ最高の33ホールド、防御率1.00を記録しました。2015年には防御率0.94を記録し、2016年にも防御率1.87を記録して、メジャーリーグを代表するクローザーに成長しました。2018年には最多セーブのタイトルを獲得しています。愛称はウェダー。元メジャーリーガーのジョディ・デービスは親戚です。ライアン・デンプスターと並んで、シカゴ・カブスの26試合連続セーブ成功の球団記録保持者です。

リッチ・ヒルの年俸・成績・選手データ

リッチ・ヒルは、2002年にドラフト4巡目(全体112位)でMLBのシカゴ・カブスに入団したアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1866万ドル(1ドル100円換算で年俸18億6600万円)です。2016年からロサンゼルス・ドジャースに所属しています。リッチ・ヒル(リチャード・ジョゼフ・ヒル)は大きな落差のあるカーブが武器の左腕です。2014年に戦力外通告を受けましたが、2016年から3年連続で二桁勝利を挙げた遅咲きの苦労人です。2016年12月5日にドジャースと3年4800万ドルで再契約しています。

アンソニー・レンドンの年俸・成績・選手データ

アンソニー・レンドンは、2011年にドラフト1巡目(全体6位)でMLBのワシントン・ナショナルズに入団したアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1880万ドル(1ドル100円換算で年俸18億8000万円)です。アンソニー・レンドン(アンソニー・マイケル・レンドン)はライス大学時代に大学野球の最優秀選手賞のディック・ハウザー・トロフィーを受賞し、2011年のドラフト会議でナショナルズから1位指名された選手です。2013年にメジャーデビューし、2014年に打率.287、21本塁打、83打点を記録しました。2017年には打率.301、25本塁打、100打点、2018年には打率.308、24本塁打、92打点の成績を残しています。愛称はアント。高い打率と長打力もある打撃、さらに強肩で守備範囲が広くゴールドグラブ賞をいつ受賞してもおかしくないほど活躍していることから、最も過小評価されている選手の1人と言われています。

マーク・マランソンの年俸・成績・選手データ

マーク・マランソンは、2006年にドラフト9巡目(全体284位)でMLBのニューヨーク・ヤンキースに入団したアメリカ合衆国コロラド州出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1900万ドル(1ドル100円換算で年俸19億円)です。マーク・マランソン(マーク・デビッド・マランソン)は2015年に最多セーブのタイトルを獲得したメジャーを代表するクローザーです。2010年7月にトレードでヒューストン・アストロズに移籍し、2011年12月14日にボストン・レッドソックス、2012年12月26日にはピッツバーグ・パイレーツ、2016年7月30日にはワシントン・ナショナルズにトレードで移籍しました。2016年12月5日にサンフランシスコ・ジャイアンツと4年総額6200万ドルで契約しましたが、2019年7月31日にアトランタ・ブレーブスへ移籍しています。愛称はストレッチ。メジャーリーガーのJ.B.シャックは義理の兄弟です。

ライアン・ブラウンの年俸・成績・選手データ

ライアン・ブラウンは、2005年にドラフト1巡目(全体5位)でMLBのミルウォーキー・ブルワーズに入団したアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1900万ドル(1ドル100円換算で年俸19億円)です。ライアン・ブラウン(ライアン・ジョゼフ・ブラウン)は2007年に規定打席には届かなかったものの打率.324、34本塁打、97打点、長打率.634を記録して新人王に輝いたメジャーリーグを代表するスラッガーです。2011年、2012年に2年連続でトリプルスリーを達成し、2012年には本塁打王のタイトルを獲得しました。これまでに300本以上の本塁打、1900本以上の安打、200以上の盗塁を記録し、5度のシルバースラッガー賞、6度のMLBオールスターゲームに選出されたブルワーズを代表するスター選手です。2013年2月に薬物疑惑が浮上し、当初は否定していましたが、2013年7月22日にドーピングによる薬物違反によりシーズン終了まで出場停止処分が下されました。ニックネームはヘブライ・ハンマー(Hebrew Hammer)、オチョ。2008年に8年総額4500万ドルで契約を延長し、2011年4月21日に2016年から5年総額1億500万ドルで契約を延長しています。

ジャスティン・ターナーの年俸・成績・選手データ

ジャスティン・ターナーは、2006年にドラフト7巡目(全体207位)でMLBのシンシナティ・レッズに入団したアメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1900万ドル(1ドル100円換算で年俸19億円)です。ジャスティン・ターナー(ジャスティン・マシュー・ターナー)は一塁手、二塁手、三塁手、遊撃手の全てで出場経験があるユーティリティープレイヤーです。2008年にボルチモア・オリオールズにトレードで移籍し、2010年にはニューヨーク・メッツに移籍しましたが、2013年シーズンオフに自由契約となりました。2014年2月5日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、2014年シーズンからレギュラーに定着した遅咲きの苦労人です。2016年に27本塁打、2017年には打率.322、21本塁打を記録した好打者でもあります。愛称はレッドターン2。2017年に1度のポストシーズンにおける球団史上最多打点となる14打点を記録しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ