「千葉ロッテマリーンズ」の記事一覧

森遼大朗の年俸・成績・選手データ

森遼大朗選手は、2017年に宮崎県立都城商業高等学校から投手として育成ドラフト2位(支度金300万円、年俸240万円)で千葉ロッテマリーンズに入団した宮崎県都城市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は240万円です。森遼大朗選手は最速146kmのストレート、スライダーが武器の本格派右腕です。都城商業高校では甲子園の出場経験はありませんが、1年春からベンチ入りし、2年秋からエースとして活躍しました。美しい投球フォームが高く評価され、2017年のドラフト会議では育成2位で指名されました。

鎌田光津希の年俸・成績・選手データ

鎌田光津希選手は、2018年に四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスから投手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸230万円)で千葉ロッテマリーンズに入団した千葉県匝瑳市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は230万円です。鎌田光津希選手は最速155kmのストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク、ツーシームを投げる本格派右腕です。徳島インディゴソックスでは通算17試合に登板し、4勝(0完投)3敗1S、76回、防御率2.49の成績を残しました。

和田康士朗の年俸・成績・選手データ

和田康士朗選手は、2017年にベースボール・チャレンジ・リーグの富山GRNサンダーバーズから外野手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸240万円)で千葉ロッテマリーンズに入団した埼玉県東松山市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は240万円です。和田康士朗選手は50m走5秒8、遠投107メートルの俊足・強肩の外野手です。小川高校時代は陸上部に入部して走幅跳の選手となりましたが、1年冬に退部後、硬式クラブチームの都幾川倶楽部硬式野球団に加入した高校野球未経験の選手です。和田康士朗選手はフルスイングが持ち味の外野手ということから、目標とする柳田悠岐選手のニックネームをもじって「和ギータ」と呼ばれています。

土居豪人の年俸・成績・選手データ

土居豪人選手は、2018年に松山聖陵高等学校から投手としてドラフト8位(契約金2000万円、年俸440万円)で千葉ロッテマリーンズに入団した愛媛県宇和島市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は440万円です。土居豪人選手は身長191cm、体重80kgの長身から投げ下ろす最速148kmのストレート、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップが武器の長身右腕です。2018年のドラフト会議では将来性を期待されて千葉ロッテマリーンズからドラフト8位で指名されました。

古谷拓郎の年俸・成績・選手データ

古谷拓郎選手は、2018年に習志野市立習志野高等学校から投手としてドラフト6位(契約金3000万円、年俸460万円)で千葉ロッテマリーンズに入団した千葉県鎌ケ谷市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は460万円です。古谷拓郎選手は最速146kmの切れの良いストレート、スライダー、カーブ、フォーク、スプリットを投げるスリークォーター右腕です。習志野高校では甲子園の出場経験はありませんが、1年時からベンチ入りし、2年秋からエースとして活躍しました。

李杜軒の年俸・成績・選手データ

李杜軒選手は、2006年に岡山県共生高等学校から内野手として高校生ドラフト4位(契約金4000万円、年俸540万円)で福岡ソフトバンクホークスに入団した台湾(中華民国)台北市出身のプロ野球選手です。2018年から千葉ロッテマリーンズに所属しています。2019年の年俸は500万円です。李杜軒選手は遠投110m、50m走6秒3、高校通算53本塁打、打率.525の長打力が魅力の右打者です。日本国内の高校に3年間在学したことから、NPBでは日本人選手としてプレーしています。プロ入り後、2016年10月に戦力外通告を受け、2017年に中国のプロ野球団体 中華職業棒球大聯盟(CPBL)の富邦ガーディアンズと練習生として契約しましたが、どの球団からも支配下登録の契約がなく、シーズン途中で退団しました。2018年2月の千葉ロッテマリーンズの石垣島春季キャンプに参加し、入団テストに合格したことから、2018年2月16日にロッテと正式に契約しました。本名は李秉諺です。福岡ソフトバンクホークスへの入団の際に李杜軒へ改名しています。父親は台湾の元プロ野球選手の李杜宏さん、母親はソフトボールのチャイニーズタイペイ代表選手の葉麗珠さんです。

山口航輝の年俸・成績・選手データ

山口航輝選手は、2018年に明桜高等学校から外野手としてドラフト4位(契約金4000万円、年俸560万円)で千葉ロッテマリーンズに入団した大阪府箕面市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は560万円です。山口航輝選手は高校通算25本塁打を記録した長打力が魅力の外野手です。投手としても146kmのストレートとスライダーを投げる本格派右腕です。明桜高校では1年夏からベンチ入りし、2年春の予選から4番打者として活躍しました。

松田進の年俸・成績・選手データ

松田進選手は、2018年に社会人野球のHondaから内野手としてドラフト7位(契約金3000万円、年俸770万円)で千葉ロッテマリーンズに入団した神奈川県出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は770万円です。松田進選手は身長188cm、体重95kg、遠投95m、50m走6秒1の大型遊撃手です。國學院大學久我山高校時代から大型内野手として、井口資仁二世と呼ばれ非常に注目されていた選手です。中央大学では1年春からリーグ戦に出場し、2年時・3年時に2年連続で遊撃手のベストナインを獲得しています。大学通算77試合に出場し、打率.271、71安打、5本塁打、26打点、7盗塁の成績を残しました。

中村稔弥の年俸・成績・選手データ

中村稔弥選手は、2018年に亜細亜大学から投手としてドラフト5位(契約金4000万円、年俸800万円)で千葉ロッテマリーンズに入団した長崎県佐世保市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は800万円です。中村稔弥選手は最速145kmのストレートとスライダー、スプリット、カーブ、ツーシームが武器の本格派左腕です。亜細亜大学では2年時に最優秀投手とベストナインを獲得し、3年時の秋季リーグ戦では防御率1.22で最優秀防御率のタイトルを獲得しました。4年時の秋季リーグ戦では防御率0.96で最優秀防御率と2度目のベストナインに輝いています。大学通算53試合に登板し、18勝(10完投3完封)12敗、253.1回、防御率2.31の成績を残しました。

永野将司の年俸・成績・選手データ

永野将司選手は、2017年に社会人野球のHondaから投手としてドラフト6位(契約金3000万円、年俸770万円)で千葉ロッテマリーンズに入団した大分県速見郡山香町(現 杵築市)出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は850万円です。永野将司選手は最速153kmのストレートとスライダー、カーブが武器の即戦力左腕です。九州国際大学時代は1年春からリーグ戦に出場し、主にリリーフとして活躍しましたが、4年時に左肘の靭帯を断裂してトミー・ジョン手術を受けた影響で内定が取り消され、1年半に渡ってリハビリに専念し、2016年にHondaに入社しました。2017年11月19日にソフトボールの投手だった紗央里さんと結婚し、12月5日の入団会見にも同伴しました。2019年に大学時代から不安障害の広場恐怖症に見舞われていることを公表しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ