「阪神タイガース」の記事一覧

城島健司の年俸・成績・選手データ

城島健司さんは、1994年に別府大学付属高等学校から捕手としてドラフト1位(契約金1億円、年俸840万円)で福岡ダイエーホークスに入団した長崎県佐世保市出身の元プロ野球選手です。現役時代の最高年俸はNPBが歴代10位の5億円、MLBが800万ドル、福岡ソフトバンクホークス時代の年俸総額は30億750万円+契約金、メジャーリーグの年俸総額は2450万ドル(1ドル100円換算で推定24億5000万円)、生涯年俸は54億5750万円です。城島健司さんは強肩・強打の捕手として2004年のアテネオリンピックや2009年のワールド・ベースボール・クラシックの日本代表としても活躍した選手です。チーム名が福岡ソフトバンクホークスに代わった2005年シーズンオフにFA権を行使し、2005年11月22日に3年1650万ドルでメジャーリーグのシアトル・マリナーズと契約し、日本人初のメジャーリーガー捕手として活躍しました。2009年10月19日にシアトル・マリナーズとの残り2年間の契約を破棄し、年俸4億円+出来高払いの4年契約で阪神タイガースと契約し、日本球界に復帰しています。2012年9月28日に1年残っていた契約を破棄して今季限りで引退することを表明し、9月29日に引退試合を行いました。引退後は、現役時代からの趣味でもあった釣り師としてタレント活動を行っています。2000年11月27日にタレントの大藤真紀さんと結婚し、2001年に長男、2003年に長女、2006年に次男が誕生しています。

金本知憲の年俸・成績・選手データ

金本知憲さんは、1991年に東北福祉大学から外野手としてドラフト4位(契約金6000万円、年俸720万円)で広島東洋カープに入団した広島県広島市出身の元プロ野球選手です。現役時代の最高年俸は歴代8位の5億5000万円、生涯年俸は46億9240万円です。金本知憲さんは13686イニングの連続イニング出場数、及び1492試合の連続試合フルイニング出場数の世界記録保持者です。1002打席の連続無併殺打と880試合の連続4番先発出場数の日本記録保持者でもあります。その他、盗塁、本塁打、代打本塁打、猛打賞においてセントラル・リーグの最年長記録保持者です。また、通算2539安打は歴代7位、通算476本塁打は歴代10位、通算1521打点は歴代8位です。金本知憲さんは2018年1月に野球殿堂入りを果たしている日本プロ野球を代表するレジェンドの1人です。愛称は「アニキ」「鉄人」。2003年にFAで広島東洋カープから阪神タイガースに移籍しました。2012年9月12日に現役引退を発表し、10月9日に引退試合を行いました。2016年~2018年まで阪神タイガースの監督を務めています。

片山雄哉の年俸・成績・選手データ

片山雄哉選手は、2018年にBCリーグの福井ミラクルエレファンツから捕手として育成ドラフト1位(支度金200万円、年俸300万円)で阪神タイガースに入団した愛知県安城市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は300万円です。片山雄哉選手は50m走6.1秒、遠投100m、二塁送球タイム1秒8の俊足・強肩・強打の捕手です。福井ミラクルエレファンツでは1年目からBCリーグ戦に出場し、4年目には打率.330、14本塁打、62打点、18盗塁の成績を残しました。

石井将希の年俸・成績・選手データ

石井将希選手は、2017年に上武大学から投手として育成ドラフト1位(支度金200万円、年俸300万円)で阪神タイガースに入団した群馬県高崎市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は300万円です。石井将希選手は最速146kmのストレートが武器の本格派左腕です。上武大学では2年春からリーグ戦に出場し、4勝1敗、防2.12で新人賞を獲得しました。通算19試合に出場し、5勝(1完投0完封)1敗、66回、防御率3.55の成績を残しました。

牧丈一郎の年俸・成績・選手データ

牧丈一郎選手は、2017年に啓新高等学校から投手としてドラフト6位(契約金3000万円、年俸480万円)で阪神タイガースに入団した京都府京都市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は480万円です。牧丈一郎選手は同世代の高校生投手の中で最速となる152kmを計測した本格派右腕です。啓新高校では度重なる怪我に悩まされ、甲子園にも出場することはできませんでしたが、将来性を高く評価されている投手です。

川原陸の年俸・成績・選手データ

川原陸選手は、2018年に創成館高等学校から投手としてドラフト5位(契約金3000万円、年俸500万円)で阪神タイガースに入団した長崎県長崎市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は500万円です。川原陸選手は創成館高校では1年時は外野手としてプレーしていましたが、2年春から控えとしてベンチ入りし、秋の新チームから主戦投手として明治神宮大会で準優勝しました。3年春の選抜大会ではベスト8へ進出し、夏の甲子園にも出場しています。川原陸選手は創成館高校初のプロ野球選手です。俳優の岡田健史さんは創成館野球部の1学年先輩になります。

湯浅京己の年俸・成績・選手データ

湯浅京己選手は、2018年にBCリーグの富山GRNサンダーバーズから投手としてドラフト6位(契約金2000万円、年俸500万円)で阪神タイガースに入団した三重県尾鷲市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は500万円です。湯浅京己選手は最速151kmのストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク、スプリット、カットボールを投げる本格派右腕です。聖光学院高校では2年時に内野手から投手に転向しています。

小幡竜平の年俸・成績・選手データ

小幡竜平選手は、2018年に延岡学園高等学校から内野手としてドラフト2位(契約金6000万円、年俸720万円)で阪神タイガースに入団した大分県大分市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は720万円です。小幡竜平選手は根尾昂選手や小園海斗選手とは対照的に、あまり注目されていない選手ですが、身体能力が高く走・攻・守の三拍子揃った大型遊撃手です。延岡学園高校では1年秋からレギュラーとして出場し、2年秋から4番・遊撃手として活躍しました。高校通算本塁打は24本です。

島田海吏の年俸・成績・選手データ

島田海吏選手は、2017年に上武大学から外野手としてドラフト4位(契約金5000万円、年俸800万円)で阪神タイガースに入団した熊本県宇土市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は850万円です。島田海吏選手は本塁から一塁への到達タイムが最速3秒78、50m走5秒75の俊足と遠投110mの強肩の外野手です。上武大学では2年春から中堅手のレギュラーとして出場し、関甲新学生野球リーグ戦では3年時の春季に首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得しました。リーグ戦通算51試合に出場し、打率.329、1本塁打、33打点の成績を残してベストナインを2度受賞しています。

谷川昌希の年俸・成績・選手データ

谷川昌希選手は、2017年に社会人野球の九州三菱自動車から投手としてドラフト5位(契約金5000万円、年俸840万円)で阪神タイガースに入団した福岡県八女市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は900万円です。谷川昌希選手はがっちりとした体格から最速149kmのストレートとカットボール、スライダー、カーブ、シュートを投げる本格派右腕です。完投能力が高く連投に耐えられることが高く評価されています。九州三菱自動車では1年目から先発投手として出場し、3年目にはチームの絶対的エースとして活躍しました。第28回BFAアジア選手権の日本代表に選出され、投手としてベストナインにも選ばれています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ