「中日ドラゴンズ」の記事一覧(2 / 9ページ)

石橋康太の年俸・成績・選手データ

石橋康太選手は、2018年に関東第一高等学校から捕手としてドラフト4位(契約金4000万円、年俸600万円)で中日ドラゴンズに入団した千葉県四街道市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は600万円です。石橋康太選手は遠投115m、二塁送球1.9秒台、高校通算54本塁打を記録した強肩・強打の捕手です。関東第一高校では1年春からベンチ入りし、1年夏には5番・一塁手として出場しました。2018年のドラフト会議では高校生No1捕手と評価された選手です。

清水達也の年俸・成績・選手データ

清水達也選手は、2017年に花咲徳栄高等学校から投手としてドラフト4位(契約金4000万円、年俸600万円)で中日ドラゴンズに入団した埼玉県深谷市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は600万円です。清水達也選手はアーム式の独特なフォームから最速150kmの重いストレートとフォークボールが武器の右腕です。花咲徳栄高校では1年夏から控えとしてベンチ入りし、2年秋から主にリリーフとして活躍しました。3年夏には背番号1を背負い、主にリリーフとして甲子園大会の優勝に大きく貢献しました。

濱田達郎の年俸・成績・選手データ

濱田達郎選手は、2012年に愛知工業大学名電高等学校から投手としてドラフト2位(契約金6000万円、年俸660万円)で中日ドラゴンズに入団した愛知県名古屋市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は600万円です。濱田達郎選手はスリークォーターから最速147kmのストレートとスライダー、カーブが武器の左腕です。愛工大名電高校では1年夏からベンチ入りし、1年秋から主戦として活躍しました。3年時に肩を痛めて評価を下げましたが、2012年のドラフト会議では中日ドラゴンズから2位指名を受けています。プロ入り後、2016年10月29日に球団から戦力外通告を受け、11月18日に育成選手として再契約しました。2018年、2019年も育成選手として契約しています。

木下雄介の年俸・成績・選手データ

木下雄介選手は、2016年に独立リーグの徳島インディゴソックスから投手として育成ドラフト1位(支度金200万円、年俸300万円)で中日ドラゴンズに入団した大阪府大阪市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は700万円です。木下雄介選手は最速150kmのストレートとスライダー、カーブ、フォーク、ツーシームを投げるリリーフ投手です。駒澤大学では肩を故障して1年で中退し、2015年に練習生として徳島インディゴソックスに入団しました。プロ入り後、2018年3月に支配下登録となり、2018年4月15日に公式戦デビューを果たしています。

滝野要の年俸・成績・選手データ

滝野要選手は、2018年に大阪商業大学から外野手としてドラフト6位(契約金3000万円、年俸720万円)で中日ドラゴンズに入団した三重県松阪市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は720万円です。滝野要選手は遠投105m、50m走6秒0の走・攻・守の3拍子が揃った外野手です。大垣日本大学高校時代は1年時からベンチ入りし、2年春から4番打者として出場し、3年時にはエースとして活躍しました。高校通算15本塁打を記録しています。大阪商業大学では1年春からリーグ戦に出場して4度のベストナインに輝き、通算87試合、打率.332、101安打、0本塁打、36打点の成績を残しました。

石川翔の年俸・成績・選手データ

石川翔選手は、2017年に青藍泰斗高等学校から投手としてドラフト2位(契約金6000万円、年俸700万円)で中日ドラゴンズに入団した東京都板橋区出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は780万円です。石川翔選手は最速151kmの伸びのあるストレートとスライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップを投げる本格派右腕です。青藍泰斗高校では2年春からベンチ入りし、打者としても活躍しました。2017年のドラフト会議ではドラフト1位候補の高校生ナンバーワンの速球派投手として高い評価を受けました。石川翔選手は、日本人の父親とフィリピン人の母を持つハーフです。

勝野昌慶の年俸・成績・選手データ

勝野昌慶選手は、2018年に社会人野球の三菱重工名古屋から投手としてドラフト3位(契約金6500万円、年俸1200万円)で中日ドラゴンズに入団した岐阜県可児市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1200万円です。勝野昌慶選手は最速152kmのストレートとスライダー、カーブ、フォークが武器の本格派右腕です。土岐商業高校時代は甲子園の出場経験はありませんが、1年夏からベンチ入りし、2年秋からエースとして活躍しました。三菱重工名古屋では3年目にJABA静岡大会で最優秀殊勲選手賞と優秀選手賞(投手部門)を受賞しています。2018年アジア競技大会の野球日本代表としても出場し、2018年度社会人野球表彰で最多勝利投手賞を受賞しました。

梅津晃大の年俸・成績・選手データ

梅津晃大選手は、2018年に東洋大学から投手としてドラフト2位(契約金8000万円、年俸1200万円)で中日ドラゴンズに入団した福島県福島市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1200万円です。梅津晃大選手は最速153kmのストレートとスライダー、カーブ、フォークを投げる大型右腕です。仙台育英学園高校では2年春からベンチ入りし、2年秋からエースとして活躍しました。大学リーグ通算では13試合に登板し、1勝3敗、53.2回、防御率1.84の成績を残しています。

根尾昂の年俸・成績・選手データ

根尾昂選手は、2018年に大阪桐蔭高等学校から内野手としてドラフト1位(契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円)で中日ドラゴンズに入団した岐阜県飛騨市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は1500万円です。根尾昂選手は遠投115m、50m走6秒0、高校通算32本塁打を記録した運動能力の高い遊撃手です。また、投手としても最速150kmを投げる本格派右腕として、春のセンバツ大会で史上初の2年連続の優勝投手に輝き、投手・野手の二刀流選手としても話題となりました。2018年のドラフト会議では中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズの4球団から1位指名され、抽選の結果、中日ドラゴンズに入団しました。プロでは野手に専念することを表明しています。根尾昂選手の父親・母親共に自治医科大学卒業の医者で、兄は医学部生、姉は看護師です。

鈴木博志の年俸・成績・選手データ

鈴木博志選手は、2017年に社会人野球のヤマハから投手としてドラフト1位(契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円)で中日ドラゴンズに入団した静岡県掛川市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は2200万円です。鈴木博志選手は最速157kmのストレートが武器の本格派右腕です。変化球はカットボール、スライダー、フォーク、カーブを持っています。磐田東高校では1年夏から控え投手としてベンチ入りし、1年秋には球速143kmを記録して注目されましたが、2年時に肘を痛め、3年時に右肘の内視鏡手術を受けました。ヤマハに入社後、1年目の秋から本格的に登板し、2年目、3年目は主にリリーフ投手として活躍しました。社会人日本代表にも選出され、第28回BFAアジア選手権大会にも出場しています。鈴木博志選手は日本人の父親と中国人の母親とのハーフです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ