「広島東洋カープ」の記事一覧

大盛穂の年俸・成績・選手データ

大盛穂選手は、2018年に静岡産業大学から外野手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸300万円)で広島東洋カープに入団した大阪府大阪市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は300万円です。大盛穂選手は遠投120m、50m走6秒0の強肩・俊足の外野手です。静岡産業大学では1年時から外野手のレギュラーとして出場し、4年春の春季リーグ戦では首位打者のタイトルを獲得し、4年春・秋の2季連続でベストナインを受賞しています。

藤井黎來の年俸・成績・選手データ

藤井黎來選手は、2017年に秋田県立大曲工業高等学校から投手として育成ドラフト2位(支度金300万円、年俸240万円)で広島東洋カープに入団した秋田県美郷町出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は300万円です。藤井黎來選手は最速145kmのストレートとフォークが武器の投手です。大曲工業高校時代は1年秋からベンチ入りし、2年夏には甲子園に出場しました。3年夏の甲子園秋田大会では3回戦でノーヒットノーランを記録しています。

佐々木健の年俸・成績・選手データ

佐々木健選手は、2017年に静岡県立小笠高等学校から投手として育成ドラフト3位(支度金300万円、年俸240万円)で広島東洋カープに入団した静岡県御前崎市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は300万円です。佐々木健選手は50m走5秒9、最速143kmのストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボールを投げる身体能力が高い長身右腕です。小笠高校時代は甲子園の出場経験はありませんが、1年時からベンチ入りし、2年から3年にかけて球速10キロ以上のアップを果たして注目された投手です。

岡林飛翔の年俸・成績・選手データ

岡林飛翔選手は、2017年に三重県立菰野高等学校から投手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸240万円)で広島東洋カープに入団した三重県松阪市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は300万円です。岡林飛翔選手は最速151kmのストレートとスライダー、カーブ、フォークが武器の投手です。野手としても高校通算26本塁打を記録しています。菰野高校では1年秋からベンチ入りし、2年秋には左翼手のレギュラーとして活躍しました。

木村聡司の年俸・成績・選手データ

木村聡司選手は、2014年に常葉学園橘高等学校から内野手として育成ドラフト2位(支度金250万円、年俸250万円)で広島東洋カープに入団した静岡県静岡市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は400万円です。木村聡司選手は投手としても最速144kmのストレートやスライダー、フォークを投げる遊撃手です。常葉学園橘高校では1年時から遊撃手のレギュラーとして出場し、2年春から投手としても出場し、2年秋から4番・エースとして活躍しました。プロ入り後は内野手として契約しています。

羽月隆太郎の年俸・成績・選手データ

羽月隆太郎選手は、2018年に神村学園高等部から内野手としてドラフト7位(契約金2500万円、年俸450万円)で広島東洋カープに入団した宮崎県宮崎市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は450万円です。羽月隆太郎選手は167cm、70kg、遠投115m、50m走5秒7の俊足・強肩の小柄な遊撃手です。神村学園では1年時からレギュラーとして活躍し、2年夏には2番・遊撃手で甲子園に出場しました。

田中法彦の年俸・成績・選手データ

田中法彦選手は、2018年に三重県立菰野高等学校から投手としてドラフト5位(契約金3000万円、年俸450万円)で広島東洋カープに入団した三重県川越町出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は450万円です。田中法彦選手は最速152kmの威力あるストレートが武器の本格派投手です。菰野高校では1年秋から一塁手兼投手としてベンチ入りし、2年秋から4番・エースとして活躍しました。打者としても高校通算29本塁打を記録しています。

遠藤淳志の年俸・成績・選手データ

遠藤淳志選手は、2017年に霞ヶ浦高等学校から投手としてドラフト5位(契約金3000万円、年俸480万円)で広島東洋カープに入団した茨城県土浦市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は480万円です。遠藤淳志選手は最速142kmのストレートとスライダー、カーブが武器の投手です。霞ヶ浦高校では1年秋から控え投手としてベンチ入りし、2年秋からエースとして活躍しました。高校3年間で球速を20キロ伸ばしています。

永井敦士の年俸・成績・選手データ

永井敦士選手は、2017年に二松學舍大学附属高等学校から外野手としてドラフト4位(契約金3500万円、年俸500万円)で広島東洋カープに入団した埼玉県草加市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は500万円です。永井敦士選手は50m走5秒8、高校通算47本塁打を記録した俊足・強打の外野手です。二松學舍大学附属高校では1年秋から4番・左翼手として出場し、3年時の夏の甲子園では1回戦の明桜高校戦で5打数5安打1打点の活躍をしました。

中神拓都の年俸・成績・選手データ

中神拓都選手は、2018年に岐阜市立岐阜商業高等学校から内野手としてドラフト4位(契約金4000万円、年俸500万円)で広島東洋カープに入団した岐阜県岐阜市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は500万円です。中神拓都選手は遠投115m、50m走5秒9、高校通算46本塁打を記録した走・攻・守の3拍子が揃った内野手です。岐阜商業高校時代は甲子園の出場経験はありませんが、1年時から遊撃手のレギュラーとして活躍し、強肩を活かして投手としても活躍しました。2年秋には投手として最速147kmを記録しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ