「オリックス・バファローズ」の記事一覧

比屋根彰人の年俸・成績・選手データ

比屋根彰人選手は、2017年に飛龍高等学校から内野手として育成ドラフト3位(支度金300万円、年俸250万円)でオリックス・バファローズに入団した沖縄県糸満市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は250万円です。比屋根彰人選手は投手として最速143kmをマークし、打者としても高校通算36本塁打を記録したプロ注目の強肩・強打の選手です。飛龍高校では甲子園の出場経験はありませんが、1年秋からベンチ入りし、投手兼外野手として試合に出場しています。3年時は4番・投手兼三塁手として活躍しました。

木須デソウザフェリペの年俸・成績・選手データ

木須デソウザフェリペ選手は、2017年に御殿場西高等学校から捕手として育成ドラフト4位(支度金300万円、年俸250万円)でオリックス・バファローズに入団した静岡県富士市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は250万円です。木須デソウザフェリペ選手は遠投100m、二塁送球タイムが1.8秒台の身体能力が高い強肩捕手です。御殿場西高校時代は甲子園の出場経験はありませんが、1年夏からベンチ入りし、1年秋からレギュラーとして出場しています。登録名はフェリペ。両親はブラジル国籍ですが、母方の祖父が日本人です。

東晃平の年俸・成績・選手データ

東晃平選手は、2017年に神戸弘陵学園高等学校から投手として育成ドラフト2位(支度金300万円、年俸250万円)でオリックス・バファローズに入団した兵庫県小野市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は250万円です。東晃平選手は最速145kmのストレートとスライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップを投げる本格派右腕です。神戸弘陵学園高校では甲子園の出場経験はありませんが、1年秋からベンチ入りし、2年春からエースとして活躍しました。2017年のドラフト会議では素材と将来性を見込まれてオリックス・バファローズから育成ドラフト2位で指名されています。

張奕の年俸・成績・選手データ

張奕選手は、2016年に日本経済大学から外野手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸250万円)でオリックス・バファローズに入団した中華民国(台湾)出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は260万円です。張奕選手は遠投120m、50m走6秒2の走・攻・守の3拍子揃った外野手です。福岡第一高校時代は甲子園の出場経験はありませんが、1年秋から外野手のレギュラーとして出場し、高校通算20本塁打を記録しました。日本経済大学では1年春から右翼手のレギュラーとして出場し、新人王と2度のベストナイン、本塁打王を獲得しています。プロ入り後の2018年から投手に転向しました。福岡ソフトバンクホークスで活躍した元プロ野球選手の陽耀勲さんと読売ジャイアンツの陽岱鋼選手は従兄です。

稲富宏樹の年俸・成績・選手データ

稲富宏樹選手は、2017年に三田松聖高等学校から捕手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸250万円)でオリックス・バファローズに入団した大阪府寝屋川市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は260万円です。稲富宏樹選手は遠投103m、二塁送球タイムが最速1秒73の強肩捕手です。三田松聖高校では1年春からベンチ入りし、1年夏から捕手として試合に出場して2年秋からは主将として活躍しました。高校通算本塁打は12本です。

漆原大晟の年俸・成績・選手データ

漆原大晟選手は、2018年に新潟医療福祉大学から投手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸260万円)でオリックス・バファローズに入団した新潟県燕市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は260万円です。漆原大晟選手は最速151kmの伸びのあるストレートと切れのあるスライダー、カーブが武器の投手です。新潟明訓高校時代は1年夏からベンチ入りし、2年秋の県大会で27回2/3で39奪三振、3年春の県大会では20回で24奪三振を記録しています。新潟医療福祉大学では1年春から2部リーグ戦に出場し、11者連続奪三振のリーグ新記録を樹立しました。

神戸文也の年俸・成績・選手データ

神戸文也選手は、2016年に立正大学から投手として育成ドラフト3位(支度金300万円、年俸250万円)でオリックス・バファローズに入団した群馬県高崎市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は260万円です。神戸文也選手は最速149kmの威力あるストレートが武器の投手です。立正大学では主に抑え投手としてリーグ通算12試合に登板し、1勝0敗、18.1回、防御率2.95の成績を残しています。

西浦颯大の年俸・成績・選手データ

西浦颯大選手は、2017年に明徳義塾高等学校から外野手としてドラフト6位(契約金3000万円、年俸480万円)でオリックス・バファローズに入団した熊本県八代市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は480万円です。西浦颯大選手は遠投110m、50m走5秒9の走・攻・守の3拍子揃った外野手です。明徳義塾高校では1年春から公式戦に出場し、2年春から3年夏まで計4度の甲子園出場を果たしています。投手としても最速140kmをマークし、高校通算29本塁打を記録しています。

廣澤伸哉の年俸・成績・選手データ

廣澤伸哉選手は、2017年に大分商業高等学校から内野手としてドラフト7位(契約金2000万円、年俸480万円)でオリックス・バファローズに入団した大分県別府市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は480万円です。廣澤伸哉選手は50m走5秒8、守備範囲が広く走・攻・守の3拍子揃ったバランスの良い選手です。大分商業高校では甲子園の出場経験はありませんが、2年秋から1番・遊撃手として活躍しました。

宜保翔の年俸・成績・選手データ

宜保翔選手は、2018年にKBC学園未来沖縄から内野手としてドラフト5位(契約金3500万円、年俸500万円)でオリックス・バファローズに入団した沖縄県豊見城市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は500万円です。宜保翔選手は走・攻・守の3拍子揃った選手です。KBC学園未来沖縄では甲子園の出場経験はありませんが、1年時からベンチ入りし、4番・遊撃手兼投手として活躍しました。遠投116m、投手としても最速147kmを記録するなど身体能力が高く、2018年ドラフト会議では内野手として指名されています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ