「横浜DeNAベイスターズ」の記事一覧

宮城滝太の年俸・成績・選手データ

宮城滝太選手は、2018年に滋賀学園高等学校から投手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸370万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した沖縄県嘉手納町出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は370万円です。宮城滝太選手は最速142kmのストレートとスライダー、カーブが武器の長身右腕です。滋賀学園高校では1年秋からベンチ入りし、2年秋から背番号1として活躍しました。

中川虎大の年俸・成績・選手データ

中川虎大選手は、2017年に和歌山県立箕島高等学校から投手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸360万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した和歌山県和歌山市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は360万円です。中川虎大選手は最速149kmのキレのあるストレートが武器の本格派右腕です。箕島高校で投手に転向し、2年秋からエースとして活躍しました。甲子園の出場経験はありませんが、将来性を期待されて育成ドラフトで指名されています。

笠井崇正の年俸・成績・選手データ

笠井崇正選手は、2016年にBCリーグの信濃グランセローズから投手として育成ドラフト1位(支度金300万円、年俸360万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した北海道旭川市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は440万円です。笠井崇正選手は最速151kmのストレートとスライダーが武器の投手です。早稲田大学時代は東京六大学リーグ戦での登板実績はありませんが、信濃グランセローズでは通算35試合に登板し、3勝(0完投)1敗1S、37回、防御率2.43の成績を残しました。

田村丈の年俸・成績・選手データ

田村丈選手は、2015年に関西学院大学から投手として育成ドラフト3位(支度金300万円、年俸360万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した兵庫県尼崎市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は440万円です。田村丈選手は最速151kmのストレートとフォークが武器の本格派右腕です。遠投115m、50走5秒7の身体能力の持ち主でもあります。関西学院大学では怪我の影響もあり、通算9試合、0勝2敗、18回2/3、8奪三振、防御率2.89の成績となっています。横浜DeNAベイスターズの入団テストを受験して合格し、2015年に育成ドラフトで指名されました。

益子京右の年俸・成績・選手データ

益子京右選手は、2018年に青藍泰斗高等学校から捕手としてドラフト5位(契約金3000万円、年俸500万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した栃木県宇都宮市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は500万円です。益子京右選手は二塁送球タイムが最速1.72秒の鉄砲肩と高校通算23本塁打を記録した強肩・強打の捕手です。青藍泰斗高校では1年秋から正捕手として公式戦に出場し、2年秋から主将・4番打者として活躍しました。

山本祐大の年俸・成績・選手データ

山本祐大選手は、2017年に滋賀ユナイテッドベースボールクラブから捕手としてドラフト9位(契約金1700万円、年俸500万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した大阪府大阪市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は520万円です。山本祐大選手は二塁送球最速1.8秒台の強肩捕手です。京都翔英高校では主に外野手として活躍しましたが、滋賀ユナイテッドベースボールクラブに入団後、本格的に捕手へ転向しました。BCリーグ通算56試合に出場し、打率.294、58安打、2本塁打、19打点の成績を残しています。プロ入り後の2018年8月30日に、未成年にもかかわらず飲酒をしていたことが発覚し、球団から厳重注意され、シーズン中の外出が禁じられました。

知野直人の年俸・成績・選手データ

知野直人選手は、2018年に新潟アルビレックス・ベースボール・クラブから内野手としてドラフト6位(契約金2500万円、年俸600万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した新潟県三条市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は600万円です。知野直人選手は遠投120m、50m走6秒0の走・攻・守の3拍子が揃った身体能力の高い内野手です。新潟アルビレックスBCには練習生として入団しています。BCリーグ通算97試合に出場し、打率.301、101安打、11本塁打、66打点、36盗塁の成績を残しました。

勝又温史の年俸・成績・選手データ

勝又温史選手は、2018年に日本大学鶴ヶ丘高等学校から投手としてドラフト4位(契約金4000万円、年俸600万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した東京都狛江市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は600万円です。勝又温史選手は最速152kmのストレートを投げる本格派右腕です。日本大学鶴ヶ丘高校では1年夏から控え投手としてベンチ入りし、1年秋には5番・一塁手として出場しました。高校時代は甲子園の出場経験はありませんが、打者としても強肩・強打の外野手として高校通算30本塁打を記録しています。

櫻井周斗の年俸・成績・選手データ

櫻井周斗選手は、2017年に日本大学第三高等学校から投手としてドラフト5位(契約金3000万円、年俸550万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した埼玉県所沢市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は570万円です。櫻井周斗選手は最速149kmのストレートと切れ味の鋭いスライダーが武器の投手です。打者としても高校通算32本塁打を記録しています。日本大学第三高校では1年秋から6番・ライトでレギュラーとして出場し、2年夏の予選では先発投手として登板しています。清宮幸太郎選手から5打席連続三振を奪い、清宮キラーとして注目された選手です。履正社高校との対戦では高校通算65本塁打を記録し、2017年ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けた安田尚憲選手も3打席連続三振となっています。2017 WBSC U-18ワールドカップの日本代表に選出されましたが、主に外野手や指名打者として活躍しました。

阪口皓亮の年俸・成績・選手データ

阪口皓亮選手は、2017年に北海高等学校から投手としてドラフト3位(契約金5000万円、年俸600万円)で横浜DeNAベイスターズに入団した大阪府大阪市出身のプロ野球選手です。2019年の年俸は600万円です。阪口皓亮選手は長身から投げ下ろす最速148kmのストレートとカットボール、カーブが武器の投手です。北海高校では2年春からベンチ入りし、3年夏には背番号10を着けて出場しています。高校時代は控え投手でしたが、2017年のドラフト会議では将来性を見込まれてドラフト3位で横浜DeNAベイスターズから指名を受けました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ